ジンゴキレア ~ゲロジジイ~

寿司に狂うて天ぷらに泣く、漢の和食ブログ。「とびだせどうぶつの森」がいかにクソゲーかも伝えます。

Evenicle(イブニクル)ランス9 ヘルマン革命

ノベライズ(文章化)

Sample

大昔に送られてきた進研ゼミ勧誘の漫画を文章化してみました。

最初は小説っぽくしようかと思いましたが思いのほか長くくそめんどくさかったので

ほとんどそのまま文章にしただけです。表記もママです。一部絵がないとわかりづらい箇所を加筆、また文章化において必要と判断した句読点を付しています。

それでは

 

 

ニガテゼロから始める

次のテスト大逆転ストーリー♪

「はい、そこまでっ!」
チャイムが鳴ってしまった。やっぱり…一夜漬けは無理だったか…
あぁごめんごめん。テストがあんまりできてないもんでいきなりこんな感じだけど、
ボクの名前は村井周平。キミと同じ中二生なんだ。そして明日はテスト最終日…
「いったいなんなんだ、2学期のテストは…。
どの教科もめちゃめちゃ難しくなってるよ…」
「この一次関数が…切片と傾きと…交点と…
わからないよ~」
ニガテなところを直前まで放っておいたのがいけなかったんだ…
でも…明日までになんとかしなきゃ…

―――ジリリリリリリリ
…!!!!
えっ…寝ちゃった!
「ど、どうしよう…完全に準備不足…やばい急がないと!」
神様…!どうか一次関数のグラフが出ませんように…!

「それでこの間なんてさぁ」
「えー!!」
教室に入るといつものように、風間竜と野村美佳が話をしていた。
二人とも成績は学年トップ。野村さんはボクと同じ吹奏楽部だ。
ほんと仲がいいなぁ…。成績トップ同士お似合いだなぁ…
って何考えてるんだ…今はテストに集中!集中!
昨日それなりに頑張ったんだ!自信持て周平!

テスト開始―――
…出たー!!!出てしまったー!!!
次の一次関数について、傾きと切片を…
次の一次関数のグラフを…
「はい!!そこまで!!うしろの生徒は解答用紙を回収しろー。」
まだ全部終わってないよ…ハァ…
やっぱり一夜漬けじゃ無理だったか…

神様はいなかった…
一人屋上で黄昏ていると誰かが来る声がした。一人じゃない。二人?
この声は風間くんと野村さん!?とりあえずどこかに隠れよう!
「テストどうだった?」
「わたし一次関数はニガテだったから、ちゃんと前もって集中的に勉強したのがヨカッタよ!」
「あー中二の成績は内申点に反映されるから*1絶対に中二のテストは落とせないよなー!
ニガテがあるとそれだけ周りにも差をつけられるからな」
「風間くんは?」
「オレは夏から塾に通いだしたから大丈夫!」
え…そうなの???内申点に反映?
「それより美佳は志望校決めたの?」
「うん!高校へ行っても吹奏楽を続けたいから吹奏楽がさかんな川立高校に!風間くんは?」
「オレもトップ校の川立高校!!!」
「それってトップ校だから?」
「…」
嘘だろ…2人とも志望校とかもう決めてるの?意識高すぎるよ!
「…あのさ
川立高校合格を目指して、オレたち本格的に付き合わないか?」
「え…?」
「わかってる…今スグ返事しなくていいから…
川立高校合格のためにも、次のテストもトップ取ろうな!(決まった…!)」
「…」
風間くんは去って行った。それにしても、あの二人やっぱり付き合ってるんだ…
ショックで足元がふらふら…ガシャン!!!
「!?」
ひぃいいいい!!なんでバケツがこんな所にぃ―――!?
「だれかいるの?」
ばれた…仕方ない…
「!!村井くん!?」
「ごめん!!!2人が来る前からずっと屋上にいたんだ…
聞くつもりはなかったんだけど、ほんとにごめん!!だれにも言わないから!!」
クスッ
「そんなに慌てなくていいよ!風間くんは強引なんだよね」
やっぱり付き合ってるんだ…
「それに村井くんが人に言いふらしたりするような人じゃないってわたし知ってるし」
「え!?」
「村井くんは…高校にいっても吹奏楽続けるの?」
「え?…まだ高校のことは考えてないんだけど…
でも…フルートやっぱり好きだから…」
「いっしょに川立高校行けたらいいね!」「え!?」
「その前に秋の演奏会がんばろうね!」
「あっ…うん!!」

そしてテスト返却―――
わかってたけどひどい点数…
「今回のテストは史上最悪の平均点だ!このままだとドンドン成績さがるぞ!
中二・二学期のテスト範囲は一学期の1.7倍。毎年二学期のニガテをひきずる先輩が86%!
しかも中二二学期の内申点が影響する都道府県は約70%!
テストが終わった今、同じ失敗をくり返さないように、ちゃんと次のテストに向けて気をゆるめるなよ!」
…どうすればいいんだよ
「村井!聞いてるのか!?」
「えっ…あっ…はいっ!!」
ひええっ笑い者だ…

(あー中二の成績は内申点に反映されるからゼッタイに中二のテストは落とせないよなー!
ニガテがあるとそれだけ周りにも差をつけられるからな)
(毎年二学期のニガテをひきずる先輩が86%!)
「ニガテとか言ってられないや!次の定期テストこそほんとにがんばらないと!!
(いっしょに川立高校に行けたらいいね!)
…こんな結果だったし
…野村さんは風間くんとお似合いだよな…

ところ変わって、音楽室。
一人でフルートの練習をしていると、思いがけない人の声が聞こえてきた。
「相変わらず、周平は中音域はきれいだけど…高音域が出ないな…」
「先輩!!どうしたんですか?!」
この人は松田高久先輩。川立高校に進学した、ボクの憧れる吹奏楽部の先輩なんだ。
「ちょっと山田先生に用事があって…部室から昔聞いたことある音色が聞こえてきたからさ。
ニガテな音域の練習してないだろ?」
ギクッ
「それより、こないだのテストどうだったんだ?」
聞かれちゃった…
「このままじゃ…ダメですよね…。川立なんて無理ですよね…」
「ああ…。この点数じゃはっきり言って無理だな!」
ボク川立行けないんだ…
「でも一つだけ方法がある!いいか!よくテスト結果見てみろ!!
周平の場合、ニガテな一次関数でまとめて点数を落としているだろ?」
「…確かに!」
「つまり…。ニガテがあるままテスト勉強しているのがダメなんだ!」
「でも二学期は大会の練習とかあって忙しいからな…。それに内申点も今からじゃ逆転できないですよ…」
「ダイジョウブ!次のテストで成功すれば内申点も大逆転できるんだぜ!!
中二の成績が内申点に影響する県は7割!次のテストがそれだけ重要ってことだよ!
次の定期テストまでまだ一か月以上あるじゃんか!自分のニガテをつぶせるのは今だけなんだよ!
周平、今ならまだ間に合う!」

「「進研ゼミ」のプランなら次のテストに向けてやることはたった2つでイイんだ!
中学の教科書に対応してるから出るトコだけ対策できるんだ!!」
定期テストが終わったばかりの今は自分のニガテなとこだけを解消する!
次の定期テストが始まる直前は定期テストによく出るとこだけ集中的に取り組む!
この2つだけで次の定期テスト9教科得点UPがねらえる!」
「部活があるからそんなに勉強時間増やせないよ…」
「“自分のニガテなとこだけ”と“次のテストに出るとこだけ”をやればいいんだよ!
勉強時間を増やさず効率的に次の定期テストまでの準備ができるのは今だけだ!」
「そういえば松田先輩、塾にも行ってましたよね!」
「あぁ、でも塾はどちらかというと先取り中心で一人ひとりには合わせてくれなかったんだ…」
「「ゼミ」を取り入れたことで自分がニガテだった一次関数に集中的に取り組めて次のテストで成功できたんだ!
それに…実技教科対策は塾ではやってくれなかったし。勉強もフルートの練習も一緒だよ!
今、目の前のニガテを解消するだけで大逆転できるんだ!」
「今、目の前のニガテなとこだけ…」

「ただいま」
「おかえりなさい」
忙しくなってきてニガテなとこが出てくる今だから…大切なのは“自分のニガテなとこだけ”と“テストによく出るとこだけ”にしぼってやるんだ!!
次の定期テストまで一か月ある今!ボク変わりたい!!
「母さん!今すぐ「進研ゼミ」を始めたいんだ!
「えっ?」
「次の定期テストまでの一か月!2ステップで次の定期テスト対策をカンタンに始められるのは、今だけなんだよ!」
「今始めるなら塾の方がいいんじゃないの?」
「今だと塾は途中からだし…「ゼミ」には塾にはない教材・サービスがあるんだよ!」
「でもお母さん、もう勉強の質問されても答えられないわよ?」
「ダイジョウブ!「ゼミ」ならいつでも疑問解消できる!
今なら次のテストに役立つ2大入会特典も手に入るんだ!」
「…わかったわ!やってみなさい!」
「ありがとう!!母さん!」
こうしてボクは、“自分のニガテなとこだけをニガテ解消”“次のテストによく出るとこだけをテスト対策”の2ステップで次のテスト対策ができる11月号を申し込んだんだ。

―――3日後
来たー!
「11月号はニガテとテスト以外にももちろん授業の予・復習対策ができる教材がついている!
しかも塾では手に入らない教材もあるんだ!」
「周平の中学の教科書に対応した教材を届けてくれるのね」
「それだけじゃないよ!<チャレンジ>はボクにあったレベルを選べるんだ!
しかも理科と社会は先生の進め方が変わったら必要な単元をリクエストできる!」

「今まではどこを覚えたらいいかわからなかったけど…、今はこれで9教科の要点がまとめズミ!!
覚えたいカードをセットして赤シートでスイスイ暗記できる!
さらに要点おさえてスグ問題を解けるから忘れない!!
いつでもどこでも1枚3分で暗記完了だ〜!こんなの塾では手に入らないね!
赤ペン先生が次の定期テストに役立つアドバイスまで書いてくれてる!」

授業中―
「じゃあここで問題!enjoyのあとにwatchはどんな形で入る?」
…当てないで
「じゃあ村井くんどう?」
当たってしまった〜え〜とえ〜と
あれ?わかる!?
「enjoyのあとは動名詞しか使えないので、watchingです」

「正解よ!」
「!!野村さんっ!!」
野村さんが微笑んでくれた。
「ちっ」
…?誰か今、舌打ちした…?

放課後
「村井くん、すごいね!」
「…実はコレをやっていて…」
「村井くんもやってるんだ!!」
「え?野村さんも?」
「授業の予・復習対策もできるもんね!」
「さっき先生に聞かれたトコそのまんまだったし」
「授業で習った単語や単語や熟語の意味調べも同時にできちゃうし」
「わからないところもスグ質問できるから便利」
「そういえば!村井くん最近、高音域の練習ばかりしてるね!」
「高音域がニガテなんだ!でも文化祭までまだ時間がある今は、そのニガテなとこだけやればいいなと思ってる!!」
「ニガテなとこをなくせば一段とうまくなる!勉強も同じね!
そういえば村井くん、ニガテ教科は平気?」 
「あっ…うん。コレがあるから!次のテストまでのステップ1!
テストが終わったばかりは自分のニガテなとこだけ解消!」
「みんながニガテになるテーマばかり選んである本ね。今だけ5教科セットで手に入るからダンゼンお得!」
「コレ!この間のテストでボクを苦しめた一次関数の完全攻略本だ!」
「一次関数のどこがニガテか見つけ出せて」「ニガテ度やテストに出る度の高い問題がわかる」
「ニガテな変域の問題もスグ探せる!」
「テストに出る度は85%かぁ!やってよかった!
得点アップのポイントが例題を使って解きながらわかる!ステップ式の解ける解説で次のテストはいい点取れる!
でも一次関数のグラフの問題とか紙だけじゃなかなかわからないんだ…」
「そんなときは<ニガテ解消レッスン>の動く解説があるよ!」
「動き方がわかるからどのように考えればよいかがわかりやすい!」
「<ニガテRes-Q NET>はわからない単元を中一の範囲まで検索できるんだ」
「すぐに疑問を解決できるからニガテにならない!」
「自分のニガテを解消できたらそれだけ得点UPできるね!」
「うん!ステップ1終了!」
「そうだ!高音域がうまく出ないのは原因があるんだよ」
「え?」
「息のスピードが足りない!おなかからおもいっきり息を出して、短い時間でいいから高音を出す訓練をするの!
出そうとする音のイメージをもっと大きなものに切り替えて、息を十分に出す」
「~~~~~~」
♬~
…!!
「「やったね!!」」

帰り道。今日は楽しかったなー。ふんふん♪
「何浮かれてんだよ…」
「風間くん…」
「何浮かれてんだって言ってるんだよ!」
「別に…浮かれてないけど…」
「あんな問題解けて当たり前だろ」「えっ?」
「勘違いするなよ!美佳はおまえに同情してるだけだぞ!」
「…同情?」
「あんな問題躊躇して答えてる奴にね…。
オレと美佳は一緒に川立高校へ行くんだ!」
「ボクだって…川立高校に」「何だって?おまえが川立?」
「何がそんなにおかしいんだよ」
「悪いけど中二のテストは内申点に影響するの知ってるか?おまえこないだのテスト何点だった?」
「……」
「こんな時間だ。塾に行くよ。まぁせいぜいガンバレヨ!
でもお前が川立だとはね。美佳も笑うだろうな…」
「……」
負けたくない…
あんなヤツに…
…川立に行ってやる。オレ次のテストで大逆転してやる!

そしてテスト1週間前…
「松田先輩!!」
「おう!周平!もうすぐテストだな!」「はい!」
「次のテストまでのステップ2」「テスト直前はテストによく出るとこだけに集中して取り組んでます!」
「約3万枚の定期テストを収集して、教科書別に出題パターンを分析。
さらにテストのプロが出るとこだけをセレクト!」
「まずは暗記!前は範囲が広くてどこを覚えたらいいかわからなかったけど、
次のテストは出るトコだけに集中して暗記できるね!
消えるオレンジペンで出る図とセットで覚えられる!あとは赤シートでテストに出る問題をそのまんま覚えるだけ!
どこに出るかわからない実技教科書も教科書の範囲に合わせて暗記できる!
ふだんの授業を理解できてるからスイスイ頭に入ります!」
「直前は出るとこだけに集中できるから効率的だね!」

一方、風間は自宅で
「このテスト範囲は塾で前にやったから大丈夫!」

「次は演習!前は途中でニガテにつまずいて時間がなかったけど…」
「今度のテストはニガテがないから出る問題に集中して解ける!」
「超よく出るマークがついてる問題から順番に解いていけば安心!
実技のテスト勉強は問題を解くだけでどんどん進む!」
「塾じゃ実技教科までの対策はなかなかやらないしね」
「ステップ2終了!」

一方、風間は自宅で
「実技教科のテスト対策って…、毎回時間がかかるんだよなぁ…」

そしていよいよテスト当日――
「なんだあの道具は…。オレの行ってる塾にはあんなのないぞ…」
テスト1分前まで出る要点だけを9教科分見直せる!
テストが終わったばかりのときは自分のニガテなとこだけ…。
テスト直前はよく出るとこだけに集中したから今までないテスト対策ができたな!」

テスト開始!
「はじめ!」
んっ…んっ…
解ける!解ける!
出たー!一次関数の応用問題!
ニガテを後回しにしなくてよかった!!しかも…
やったところがそのまんま点に結びつく感じだ!
一方風間は…
やばい…結局実技教科まで手が回らなかった…
しかも塾でやった内容が昔すぎて忘れちまってるよ…

――テスト返却日
「テストを返すが…、今回のテストは内申点にも影響するからな!
村井!」「はっはい!」
「よくがんばったな!9教科とも得点UPしてるぞ!」
やったー!!!
「やったね!村井くん!」
「クラスで一番成績がのびたのは村井だ!内申点も取り返したな!」
そっか!ニガテがたくさん出てくる時期、部活や行事が忙しくなる時期だから、
“ニガテなとこだけをニガテ解消”“テストによく出るとこだけを集中対策”の2ステップの準備で差がついたんだ!
テストが終わってすぐに「進研ゼミ」の『ニガテゼロから始めるテスト大逆転プラン』を取り入れて良かった!
一方、風間は
「ぐっ…実技教科さえなければ…」

その日の帰り道―――
「村井くん、すごいね!」
「ニガテゼロから始めるテスト大逆転プランと…
あと野村さんのおかげかな」「…えっ?」
「ニガテ解消法を教えてくれたから」
「そんな…村井くんががんばったから」
「そうだ!「ゼミ」って1月号からもすごいんだぁ!
『受験準備スタート講座』なら早く受験対策できるから安心なんだ!自分専用の<ニガテ克服ドリル>で復習ができて…
志望校合格に向けてやるべきこともわかる!」
「村井くん、なんか変わったね!」「え?」

―――秋の演奏会当日
「がんばってニガテな音域練習をしたから大丈夫だよ!」

ねえ、テストはどうだった?
忙しくなってきて、ニガテな科目も出てくる時期だから大変だよね?

でも次のテストまでの1か月前の今なら大丈夫!*2

次のテストも志望校合格にも間に合う!
さぁ、今度はキミが次のテストで9教科得点UPする番だよ!

*1:反映されない都道府県もあります

*2:原文ママ

広告を非表示にする
うたの☆プリンスさまっ♪All Star After Secret